スキーツアーで気をつけるべき注意事項

バナー

スキーツアーで気をつけるべき注意事項

スキーツアーに参加してスキー場まで行く場合どんなことに気をつけることができますか。

ツアーの種類にもよりますが朝発か夜発を選択しなければなりません。

朝発の場合、集合時間に必ず間に合うように早めに現地に到着できるようにしましょう。朝食は途中インターチェンジのトイレ休憩がありますのでその際に軽めにとるようにするなら車酔いにもなりにくのでお勧めします。

夜発の場合も同様に集合時間を厳守し他のツアー参加者に迷惑にならないようにしましょう。
夜発の場合、ゲレンデまで着くまでの時間、必ず十分な睡眠をとるようにしましょう。



バスのエンジン音や周りの音が気になる方には耳栓やノイズキャンセラー付のイヤホンなどの準備をしておくなら仮眠を十分に取ることができるでしょう。

スキーツアーがなぜ重要なのかがわかります。

日帰りなどのバスでの移動は体力的にかなりキツイ旅になりますので、体調管理は大切です。
特にバスの中は非常に関するため喉を痛める方も少なくありません。

マスクや喉を潤すために、こまめに水分補給やのど飴などを持参するなら役立つでしょう。さらに長時間バスに乗っていると腰が痛くなることがありますので、腰の弱い方は腰枕などを準備しておきましょう。またタイトなズボンを履いていくと脚がむくんだ時に痛くなりますので、少しゆとりのあるズボンを履いていくならストレス無くバスの中で過ごすことができるでしょう。

スキーを始める前には必ず十分な準備運動をしましょう。

また防水対策として足回りや腰回りに防水スプレーしておきましょう。


さらに休憩する時はコースの真ん中ではなく、隅によりマナーを示しましょう。

無理な滑りをせず安全のうちにスキーを楽しんでください。

YouTube

Copyright (C) 2015 スキーツアーで気をつけるべき注意事項 All Rights Reserved.